くるま屋ブログ

2016年07月26日

ストリームのリアゲート交換方法(外し方)


今回はリアゲートの外し方です。

まずゲートを全開にし、右側の配線類を外していきます。

配線類の外し方は二通りあります。

​1.車体側からカプラーを外し、ゲートに配線を残したまま外す。

​2.ゲート側の配線を外し、車体側に配線を残す

どちらの方法でもOKです。


​リアゲートを新品に交換する場合
車体側のカプラーとゲート側の配線類を全て外し、ゲートを丸裸(部品がなにも付いてない状態)にします。
新品に全て付け替えになるからです。

ゲート側に残ったの配線達は、取り付けボルトなども外し、ゲート単体の状態にし、台などに寝かせてやると作業がスムーズです。


​同じゲートを再度取り付ける場合
車体側からカプラーだけ抜いて、ゲート側に配線を残した状態で外していきます。
そうすれば、いちいちゲート側に残った配線をまた取り付けるという手間が省けます。

今回はゲート交換なので、先に車体側からカプラーを外していきます。

右テールランプの下に配線が通っているので、テールランプを外します。


20E8885A-EFB4-4E9F-AB6D-A0A2E0867F1D.jpg


43F8A3BA-1D25-45AD-A393-E84584686A99.jpg

シートベルトを外し、内装トリムを外していきます。完全に外す必要はないので、一部浮かした状態で隙間から手を入れてカプラーを抜きます。

2D4471E0-AD54-4EA0-AEF7-B021621502D4.jpg

トリムを外して中を覗くとカプラーが見えます。
この状態で手をいれて外していきます。

CAA50335-04D1-4F90-8731-245E3CF876E8.jpg

外側から引いてあげればカプラーが顔を出します^ ^

564A3211-3E82-43F4-8AAA-37B194D2B26E.jpg

あとはリアゲートダンパー左右と取り付けボルト4本(12o)、ハイマウントの配線とウォッシャーノズルを外せばゲートが外れます^ ^

3F1858AF-7855-4AF5-9F81-F4B1BB986908.jpg

ゲート側に残った配線類を元通りに付け替えれば完了です。

配線の取り回しは複雑で忘れやすいので、メモや印、写真に収めておくと組む時に便利ですよ(^o^)

​最後に
車体側の配線は車種によってインナートリムを完全に外さなくては取れなかったり、様々です。

ストリームは画像のようにちょっとめくってあげれば取れるので参考になれば幸いです。


それではまた^ ^


posted by マックイン at 23:48 | 一般整備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。