くるま屋ブログ

2016年09月07日

バンパー ヘコミ出し方





今回はベッコリへこんでしまったバンパーを板金修理していきます。

バンパーはドアなどの鉄と違い、ハンマーで叩いてもヘコミを出すことができません。

穴を開けて引っ張ったとしても、一時的には出るものの、すぐに元に戻ってしまいます。

なので、バンパーなどのプラスチック素材の
変形を直す場合は「熱風」を当てればOK。

ヒートガンや、ジェットヒーターがあれば、ヘコミの部分をよく熱してあげて、裏から押し出してあげれば簡単にベコッと出てきます。

あまり熱しすぎると溶けてドロドロになってしまうので、程よく。
これはやって慣れるしかないと思いますので、あえてアバウト表現にしておきます^^;

今回のヘコミはバンパーのコーナー部分なので、固めです。念入りに熱していきます。

C8D75E93-6B05-4231-9D9C-7A75DEF84B95.jpg

裏からヒートガンでよく熱します。
ヒートガンは同じ箇所に熱風を当てすぎないこと。プラスチックをあっという間に溶かしてしまいます。
ヘコミの部分を円を描くように全体的に熱していくのがポイントです。

DAE9A670-D79E-4EFE-9143-26B31131398C.jpg

裏から押すとこんな感じ↓
とりあえずヘコミは出ましたが部分的にまだボコボコですね。

79AE05B1-1B58-4F4D-B8D1-5AE4BD1CA51E.jpg

細かいヘコミも出していきます↓

出したら、エアーブローで冷やして固めます←これをやらないとヘコミがまた元に戻ってしまいます。

F6A0DA14-8AC8-44FF-8770-ABEBE5713489.jpg

#60のペーパーで荒研ぎし、ヘコミを再度確認。
高いところはこの時点で落としておかないとパテを研いだ時に出てきてしまうので、通常よりやや低めに出しておくと良いと思います^o^

F9FDEF79-5AB5-45D9-B19F-EDE06BBF7A59.jpg

高さがよければ#120で表面をならしてパテ盛りです。1発で平滑にはならないので、ガッツリ盛っちゃいましょう♪

D8E3904A-4029-4FA4-BECB-853AC0AD7AF7.jpg

まとめ


・ヘコんだバンパーはまずよく熱す
・ヘコミを出したらエアーブローで冷やす
・パテを盛る分も考えて通常よりやや低めにする

続きは後日。

それでは^^




posted by マックイン at 18:53 | 鈑金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スポンサードリンク

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村 Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。